ビットコイン1月16日と17日の暴落理由とは?

2018年1月16日仮想通貨暴落しましたね。

ビットコインも一時1068000円まで暴落しました。

ビットコイン暴落の瞬間2018年1月16日リアルタイムチャート

リアルタイムでチャートを見てましたが怖すぎて参戦できないですね。

買いたくても板が成り行き状態で値が付かない状態です。

実際に1068000円まで暴落してから次の値が付いたのが1270000くらいです。

成り行きで買ったり売ったり状態ですね。

いろいろ調べてみると価格変動が一定以上の変動を起こしたときに
サーキットブレーカー制度というのがあって強制的に取引を止めたみたいです。

その間に買いと売りのバランスを調整してまたスタートする感じですね。

けっこうサーキットブレーカー発動してましたね。

1月16日の暴落中国の規制ですね。
仮想通貨を全面的に禁止しようとする動きです。

中国の場合は仮想通貨が流行っても海外にお金が流れてしまう
危険性が強いという判断でしょうね。

中国の人工の多さから考えて外国人観光客より
圧倒的に中国から海外に旅行へ行く人の方が多いでしょうからマイナスですよね。

ただ証券取引所のように今の規制が緩い内にガンガン取引所を開設して
その中でマウントゴックスのように盗み目的で立ち上げる取引所も
出てくるでしょうから規制はある程度厳しい方が良いですね。

中国はかなり規制がいろいろ厳しいですからね。
アプリもほぼ海外のは利用できないですしね。

ポケモンGOとかも利用できないですからね。

SNSではLINEとかYouTubeも利用できないですね。
すでに中国国内の仮想通貨取引所は閉鎖してます。

それに加えて個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを
禁止するという内容でしたね。

1月16日の暴落でトレードには本当に気をつけないといけないですね。

保有してると信用維持率が低下して勝手に売却されてしまいます。

ビットコインや仮想通貨を取引するならデイトレか現物保有ですね。

1月17日も一時暴落しました。
まだまだ不安定な相場ですね。

こういった相場の値動きが大きいから億り人も次々に誕生するんでしょうね。

逆に仮想通貨で増やすつもりが貯金を全部無くすとかそういった人も
少なくないと思います。

投資はしっかりとした判断が必要ですね。

いずれにしても口座がなければ勝つことも負けることも出来ないですからね。

仮想通貨取引は取引所の口座開設が必要です。
ビットフライヤーホームページはこちら

こんな記事も読まれています

仮想通貨

Posted by geji


PAGE TOP